Carestyle

眠りの質を高めて朝スッキリ目覚める方法

UNISEX

# 寝起き , # 朝習慣 , # 目覚め , # 眠り , # 睡眠 ,

睡眠時間をしっかりと確保していても、朝スッキリと起きられない、目覚めの体がシャキッとしないなどを感じたことはありませんか?起床時の体のスッキリ感は、実は睡眠時間の長さだけが関係しているのではありません。
そこで今回は、睡眠時間よりも睡眠の質にこだわって、明日の朝からスッキリと目覚められる方法をご紹介します。

眠りの質を高めて朝スッキリ目覚める方法

睡眠時間をしっかりと確保していても、朝スッキリと起きられない、目覚めの体がシャキッとしないなどを感じたことはありませんか?起床時の体のスッキリ感は、実は睡眠時間の長さだけが関係しているのではありません。

そこで今回は、睡眠時間よりも睡眠の質にこだわって、明日の朝からスッキリと目覚められる方法をご紹介します。

①毎朝朝陽を浴びる

朝、太陽の光を全身で浴びることで、体内時計がリセットされて、日中は活発に動き、夜は自然と寝つきが良くなります。
夜しっかりと光を遮りたいからといって、遮光カーテンを掛けるのは、実はあまりおすすめできません。出来る限り、朝陽が昇るのと同時にまぶたに少しずつ光が入るように、カーテンの厚みや掛け方を工夫してみましょう。カーテンを閉め切らずに、少し隙間をあけておくのも良い方法です。

②就寝前の激しい運動は避ける

就寝前に激しい運動をしたり、また、興奮状態になるような激しい内容の映画鑑賞や音楽鑑賞は避けて、ゆったりと呼吸を意識しながらできる柔軟体操を行なったり、緩やかな音楽を流すなどして脳内を休めていく準備をしましょう。


shutterstock.com

③就寝前3時間以内の夕食は避けて

何かを食べた場合、消化吸収されるまで少なくとも3時間はかかると言われています。就寝前に食事をとると、体内は体に入ってきたものを消化吸収しようと一生懸命に働き出します。そのためなかなか臓器が休まらず、うまく寝付けないことも。また、しっかり睡眠時間を確保していても、体内の臓器はずっと働いているため眠りの質が浅くなり、朝起きた時に体のだるさが残ります。朝スッキリと目覚めるためには就寝前の3時間は食事を摂らないようにしましょう。

朝スッキリと起きるためのイメージとマインドセット

朝スッキリと起きるためには、1日の流れをどう過ごすのか、そのイメージやマインドセットも鍵になりそうです。朝の光を浴びて1日をスタートし、就寝前3時間以内の食事や激しい運動を避けながら、心と体を休ませるためにどんな時間の使い方をするのか意識しましょう。体や脳がしっかりと休まると、翌朝の目覚めもスッキリします。体内にも脳にも、眠る前はあれこれ詰め込まず、空っぽの状態にしておくと良さそうです。


shutterstock.com

このページをシェア: