Lifestyle

自律神経を整える朝の3つのおすすめ習慣

UNISEX

# 不調 , # 寝起き , # 朝習慣 , # 睡眠 , # 自律神経 ,

イライラしたり、食生活が乱れていたり、寝付きが悪くて調子が優れないなど、一年を通して何度もそんな日の繰り返し・・・なんてお悩み、ほとんどの方がお持ちではないでしょうか?
不調の原因は、内臓の働きなどを調整している「自律神経」の乱れかもしれません。そんなときは、なんとなく仕事もプライベートもうまくまわらないことも・・・。
そこで今回は、心身ともに負のスパイラルに陥る前に、自律神経を整えるための朝の3つの習慣をご紹介します。

1.起き上がる前に背伸びをする

忙しさのあまり、目覚まし時計が鳴って飛び起きる、なんて日々を送っていませんか?朝目覚めたときに一気に起き上がるのは大変危険です。睡眠中の体は交感神経と副交感神経が逆転していて、副交感神経が優位になっています。いきなり起き上がると、交感神経がうまく働かず、心臓や脳などに余計な負担をかけてしまうのです。

まずは起き上がる前に、一度大きく深呼吸をしながら背伸びをしましょう。緩やかに全身に酸素と血液を送り込み、自律神経を整えてくれます。

2.カーテンを開けて太陽の光を浴びる

朝、太陽の光を浴びることで、睡眠時に働いている「メラトニン」というホルモンが抑制されて、体が活動モードに切り替わります。また朝1番に太陽を浴びることで、体内時計がリセットされて、夜の眠りの質も高めてくれるのです。


shutterstock.com

3.朝のシャワーを浴びる

朝にシャワーを浴びることで血行が促進されて、副交感神経が優位だった体から交感神経が働き出し、自律神経が整います。睡眠中の寝汗もながれて、スッキリとした気持ちで1日をスタートできるのもメリットのひとつです。

朝の過ごし方が良いとその日1日が良くなるかも

上記の習慣は、どれもすぐにでも始められる簡単なものばかり。朝の目覚めや過ごし方が良いと、心の余裕もできてその日1日の流れが良くなる、とも言われています。

早速明日からはじめてみませんか?


shutterstock.com

このページをシェア: