Carestyle

風邪を引かないカラダを目指す!自律神経を整えるヨガポーズ

UNISEX

# ヨガ , # ルーティーンヨガ , # 免疫力 , # 季節の変わり目 , # 福井佑希宏 , # 自律神経 , # 風邪予防 ,

1:初心者さん向け【上半身をねじるポーズ】

STEP1:
あぐらの姿勢になります。
骨盤を立て、背筋を上に伸ばします。

STEP2:
左手を右膝、右手をカラダの後ろにつきます。

STEP3:
息を吸って、吐くタイミングでカラダを右にねじり、目線を後ろに向けます。
この状態のままで5回呼吸を繰り返します。
STEP1〜STEP3まで終わったら、同じように反対側も行いましょう。

注意ポイント:
このポーズは背中が丸まってしまいやすいので、注意してください。
おへそを背中に引き込むようにお腹をキュッと引き締め、背筋を上に伸ばすイメージで姿勢を維持しましょう。首が前に出やすい方は、少し後ろにもたれかかるように意識すると正しい位置をキープしやすいです。

あぐらの姿勢で膝が上がってしまう場合は、お尻にヨガブロックや折りたたんだバスタオルを敷くとポーズをとりやすくなります。

2:慣れてきたら挑戦!【戦いをやめた戦士のポーズ】

STEP1:
両手を腰に添え、足を肩幅二つ分ほど大きく開きます。
つま先は正面を向けましょう。

STEP2:
左足のつま先を90度外側に向けます。
息を吸いながら、両手を肩の高さでまっすぐ伸ばしましょう。

STEP3:
息を吐きながら、左足を踏み込み、膝を曲げます。
この時、膝がかかとの真上にあることを意識しながら踏み込みましょう。

STEP4:
左の手のひらを上に向け、息を吸って吐きながらカラダを後ろに倒します。
同様に、反対側も行いましょう。

ねじる・伸ばす動作は内臓機能へのアプローチに!カラダの機能を整えて

今回ご紹介した2つのポーズはとくに脇腹をねじる&伸ばす動作が多く、内臓機能を高めるために効果的なアプローチをします。これを続けるとカラダの循環が活発になり、自律神経も整っていくので結果的に、寒い冬にも負けない強いカラダを維持できるようなりますよ。

健康は1日にしてならず。少しずつ、毎日続けられるよう楽しみながらチャレンジしてくださいね。


福井先生が教えるヨガシリーズはこちらもCHECK!
▶︎驚くほどスッキリ目覚める!起き抜けの朝ヨガポーズ
▶︎ヨガ習慣でぐっすり快眠!寝る前におすすめのリラックスできる夜ヨガポーズ
▶︎秋太りを絶対阻止!おうちでできるシェイプアップヨガ

福井佑希宏(ふくい・ゆきひろ)

ホットヨガスタジオLAVAトップインストラクター。
初めてのヨガで、カラダだけでなく心もほっこり穏やかになったことが鮮明に記憶に残り、ヨガインストラクターになることを決意。「ヨガを通してカラダと心を健やかにする」をモットーに、多くの人にヨガの魅力を伝え続けている。解剖学・運動学の理論に基づいたヨガのポーズの誘導は多くのお客様から支持されている。

Model:Yukihiro Fukui
Photo:Tetsuhito Ishihara
Text:Yuko Sumi
Edit:Maiko Mizusawa

 

 

このページをシェア: