Carestyle

おなか周りを引き締めたい!おうちでできるねじりのヨガポーズ

# おうちヨガ , # ストレッチ , # ダイエット , # ヨガ , # 早坂理恵 , # 腸活 ,

薄着の季節になると気になってくるのが、ぽっこりと緩んだおなか周り。いつでも気軽にできるねじりのポーズでスッキリと引き締めましょう。教えてくれるのはヨガ講師の早坂理恵さんです。

1.おなか周りをスッキリさせるねじりのポーズ

STEP1:両かかとが体の中央で一直線に並ぶように寄せて座ります。
STEP2:骨盤から背骨の一つ一つの空間を開けていくように息を吸い、肋骨に新鮮な空気がたくさん入るイメージで背筋を伸ばします。
STEP3:息を吐きながら肋骨をねじるようにして横を向きます。左手を右膝に乗せ、右手はお尻の後ろに置きます。顔も体の動きに合わせて右側へ。

STEP4:そのままの姿勢で吸って吐いてを5回繰り返したら、息を吸いながら正面へ戻り、一度息を吐ききってリラックス。反対側も同様に行います。

腰を動かすのではなく、肋骨をねじるように動かすのがポイントです。
椅子に座ったままで上半身を動かすだけでもOK。肺だけでなく、全身に空気を送るようなイメージで呼吸をしてください。

2.さらに深くねじる人魚のポーズ

STEP1:爪先を立てて足を前に伸ばします。背筋を伸ばし、上半身と下半身が直角になるように座ります。
STEP2:左足の膝を立て、右膝の外側にかけます。
STEP3:右手を左膝の外側にかけ、左手はお尻の後ろにつきます。
STEP4:息を吸って背筋を伸ばし、吐きながら上半身を左側へねじります。
STEP5ねじったままで5呼吸キープし、また息を吸って背筋を伸ばします。吐きながら上半身を正面に戻して手足を元の状態に。反対側も同様に行います。

1よりもさらに深いねじりのポーズで硬くなった腸を柔らかくマッサージします。
便秘や腰痛にも効果が期待できるので、ぜひ試してみてください。

運動は「気持ちいい」範囲で

ヨガは基本、満腹時を避けて行うのがおすすめですが、特に今回のようにおなか周りをねじるポーズや、下を向く、うつ伏せなどのポーズは食後2〜3時間程度開けてから行ってください。
運動時にしんどい・苦しいと感じるとストレスがかかり、活性酸素が出て疲れやすくなります。せっかく運動しても作用が低下してしまうので、気持ちいい・楽しいと感じられるくらいの強度やペースで取り組んでみてくださいね。(早坂)

引き締めストレッチはこちらの記事もチェック!
▶︎半袖の季節が到来!気になる二の腕を引き締める簡単ストレッチ

早坂理恵

女優、インド政府公認ヨガ講師、体質改善デトックスコーチ。「心と身体の真の健康の獲得」をテーマに、食・美容健康に関する資格を多数取得。メディア記事の監修や執筆などを行う。
健康栄養食学の講師として、体質改善・デトックス・予防医学などをキーワードに美容と健康のための栄養食学を発信している。


Photo:Tetsuhito Ishihara  
Edit:Maiko Mizusawa

 

このページをシェア: