Lifestyle

朝の過ごし方が睡眠の質を変える!?

UNISEX

# 朝習慣 , # 眠気 , # 睡眠 , # 睡眠の質 , # 自律神経 ,

良質な睡眠を得るためには、夜眠る前の習慣が大切ですが、実は朝の過ごし方を意識してみるだけでも睡眠の質が変わることもあるのです。

今回は良質な睡眠に導く、朝の過ごし方をご紹介します。

二度寝をしない

朝、目覚まし時計の力を借りずに自然に起きることができたとき、まだ時間があるからといって二度寝は禁物。一度交感神経が活発になり始めたところでまた眠りに入るので、体の疲れが抜けないまま再度目を覚ますことになり、その日一日中体のだるさが抜けにくくなります。夜の眠りの妨げになるため、一度目が覚めたら出来る限りそのまま起き上がるようにしましょう。

だらだらしない

目が覚めた時に布団の中でだらだらし過ぎると、活動する時に必要な交感神経のスイッチがなかなか入らず、ずっと眠い状態が続いてしまいます。
目が覚めたら伸びをして、サッと起き上がるのが理想です。


shutterstock.com

カーテンを開けて朝陽を浴びる

朝陽を浴びることでホルモンバランスの調整が取れ、体内時計がリセットされます。
睡眠のリズムもコントロールでき、夜の入眠もしやすくなります。

朝のゆるやかストレッチとラジオ体操

起き上がったら、前屈や後屈、上半身を大きく動かすようなストレッチは大変おすすめです。もし時間があるようなら、是非ラジオ体操もしてみましょう。全身に朝の新鮮な空気を入れながら体内の循環を良くすることで、その日1日快活に過ごし、その夜の眠りの質も高まります。


shutterstock.com

早寝早起きは三文の徳

朝、目覚まし時計の力を借りずに自然に起きることができたとき、まだ時間があるからといって二度寝は禁物。一度交感神経が活発になり始めたところでまた眠りに入るので、体の疲れが抜けないまま再度目を覚ますことになり、その日一日中体のだるさが抜けにくくなります。夜の眠りの妨げになるため、一度目が覚めたら出来る限りそのまま起き上がるようにしましょう。

このページをシェア: