Workstyle

ネクタイを長持ちさせる正しい収納方法とお手入れのポイント

MAN

# スーツ , # ネクタイ , # 保管方法 , # 収納 , # 収納方法 ,

知らないうちに摩擦を起こしていたり汚れが付いていたりと、デリケートで消耗しやすいネクタイは、毎日のお手入れや収納方法を少し意識するだけで格段に長持ちさせることができます。素材によってもその日々の一手間で寿命が変わってくるため、ある程度まとまった種類を揃えて日毎に使い分け、なるべく消耗させないようにしたいところです。
そこで今回は、意外と知らない、ネクタイの正しい収納&保管方法をご紹介します。

ネクタイ収納には一覧性と取り出しやすさをポイントに

使用頻度の高いネクタイの収納方法は、毎日スムーズに選びやすくするために一覧になっていて見やすいこと、また、スペースなども考えながら、取り出しやすいことを意識して収納できると良いです。ネクタイの理想の収納方法は大きく分けて3つ。それぞれ注意しておきたいポイントも合わせてご紹介します。

ネクタイのダメージを最小限にする平置きタイプ

デリケートなネクタイのダメージを最小限に抑える収納方法が、平置きです。こちらは収納スペースに余裕がある方におすすめです。ネクタイ同士に少し空間をあけて、二つ折りくらいにして収納ができれば、スーツやシャツとの合わせイメージもついてネクタイが選びやすくなり、シワや傷も付きにくくなります。
ただし、季節ものなど長期間保管する場合は、折りじわを防ぐために出来る限り定期的に取り出して、形を変えながら保管していくのが良いでしょう。色や柄ごとの並べるのも、選びやすくなりおすすめです。

コンパクトで探しやすい

一目瞭然に見やすいネクタイの収納方法は、丸め置きです。ネクタイを小剣の方からくるくると巻いていきます。丸め置き用のネクタイ収納箱も売られているので、活用するとまとまりがよくなります。
きつく力を入れながら巻くとシワや傷になりやすく、型崩れも起こしやすいので、ふんわりと空気を入れるようにしながら巻き上げるのがポイントです。さらに引き出しに収納する場合は、詰め込み過ぎないようにしましょう。また、ネクタイの構造上、汗などの水分が蒸発されにくいため、着用後すぐに丸めるのはおすすめできません。


shutterstock.com

通気性も良い吊り下げタイプ

先ほどもお伝えしたように、ネクタイは構造上水分の蒸発がされにくいため、吊り下げて通気性を良くしながら収納することでシワや湿気を取り除き、長持ちしやすくなります。縦に収納できるので収納スペースもそれほど必要なく、ネクタイをたくさん持っている人におすすめです。
ネクタイ専用のハンガーやクローゼットの扉の裏や側面などを利用して空いているスペースを有効に収納することができます。

ただし、吊り下げるにはネクタイの自重でどうしても生地が伸びてしまうこともあるので、ネクタイの素材によってはあまりおすすめできません。

収納する前にやっておきたいネクタイのお手入れ方法

首元は汗をかきやすく、着用後も意外と汗が染み付いています。汗の臭いがこびついたり、傷みの原因になるため、収納前には軽くお手入れしてから収納することがポイントです。
着用後はすぐに一度風通しの良い場所で陰干しを。そこでもし汗やシミ汚れが付いていた場合、水で濡らした布で軽くたたくようにして汚れを取り除きます。擦るようにふき取ると、生地が傷んでしまうので注意してください。たたいても落ちにくい汚れは無理せずクリーニングに出す選択を。特に洗濯表示に「ドライクリーニング」と表記されているシルク製などのネクタイは、自宅での汚れ取りや洗濯で傷み、風合いが損なわれてしまうためクリーニングをおすすめします。自宅で洗濯する場合は、手洗いで丁寧に洗いましょう。


shutterstock.com

自宅でネクタイを手洗いする手順とポイント

STEP1.シミが気になる場合は、やわらかい布におしゃれ着洗い用の中性洗剤を少し付けて、軽くたたくようにしてシミを浮かせます。
STEP2.ぬるま湯を張った洗面器に、適量のおしゃれ着洗い用の中性洗剤を入れてかき混ぜたあと、ネクタイを浸し、5分ほど付け置きします。
STEP3.ネクタイをやさしく揺らしながら汚れを落とし、洗面器に新しい水を入れてネクタイをすすぎます。洗剤がキレイにすすげるまで、何度も水を換えながら繰り返します。
STEP4.ネクタイを取り出してキレイにたたみ、バスタオルで挟むようにしてネクタイの水分を吸わせ、タオルドライします。
STEP5.ハンガーに吊るして、風通しのよい場所で陰干ししましょう。
STEP6.ある程度乾いてきたら、当て布をして、ネクタイから1cmほど浮かせた状態でスチームアイロンをかけて仕上げます。

収納方法とお手入れの心がけで少しでも長く愛用を

ネクタイ選びは第一印象を左右する重要ポイントです。ネクタイは使用頻度が高いうえ、素材もとてもデリケートなアイテムなので、定期的なお手入れと正しい収納方法で、少しでも長く愛用してください。

このページをシェア: