Workstyle

早めに知っておきたい!効果的な頭皮のフケ対策

MAN

# スーツ , # フケ , # 乾燥 , # 加齢 , # 頭皮 ,

加齢とともに、頭皮のフケやかゆみを感じやすくなってきた・・・というお悩みはありませんか? せっかく良いスーツを着ていても、肩先のフケが目立つと台無しに・・・。そうなる前に知っておきたい、フケ対策をご紹介します。

フケの原因は?

フケは、頭皮の角質が剥がれおちたもの。フケが出やすい人とそうでない人は、同じ年代でも異なります。フケが出る原因は、加齢や乾燥、頭皮のトラブルなど、さまざまな要因が考えられますが、そのもっとも大きな要因として考えられるのが皮脂の洗い残しです。特に皮脂の洗い残しが多いのは、耳の上や襟足、後頭部です。また、男性や髪の長い人に多いフケの原因は、ドライヤーで髪をしっかりと乾かさないことが考えられます。頭皮で菌が繁殖しやすい高温多湿状況になり、フケが出やすい要因となってしまうのです。多くの場合、シャンプーの仕方やシャンプーそのものを変えることで改善できます。

フケを防ぐためのシャンプーの方法

フケを防ぐ正しいシャンプーの方法は、シャンプーの洗浄成分を頭皮全体に満遍なく行き渡らせて、最後までしっかりとすすぐことです。ここからは実践したい洗い方と乾かし方のポイントを紹介します。

①シャンプー前にブラッシングをする
髪の長い人はあらかじめコームやブラシで髪全体をとき、絡まりを解いておきましょう。

②髪と頭皮を十分に濡らす
髪や頭皮についたほとんどの汚れは、水洗いをするだけでも落とせると言います。また、しっかりと髪や頭皮全体を濡らすことによって、シャンプーの泡立ちも良くなるため、フケの予防になります。

③意識的に顔の周りを洗う
耳の上や襟足、後頭部といった顔周りは洗い忘れやすいため、意識して洗うようにしましょう。指の腹を使って、少しずつ動かしながら地肌を丁寧にマッサージするように洗います。爪を立てて頭皮を傷付けないように注意してください。

④ドライヤーは頭皮に
シャンプー後、水気を押さえるようにして優しくタオルドライをします。そのあと、まず髪の根元付近から指を通して地肌を乾かします。濡れて束になった髪をばらけさせるように乾燥させるのがポイントです。髪のハネなどを気にして、毛先だけを乾かして、地肌周りの乾燥が疎かになると、頭皮が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなり、フケの原因となるので注意が必要です。

⑤「湯シャン」をしてみる
毎日シャンプーをして洗いすぎると、頭皮が乾燥してフケの原因になることがあると言われています。そこでおすすめなのが「湯シャン」です。2〜3日に1度程度、お湯だけでシャンプーをする日を作ってみてください。必要な油分を洗い流さないことで、頭皮の乾燥を防ぎます。


shutterstock.com

良いスーツを選ぶ前に頭皮ケアを

良いスーツを着ておしゃれに過ごすことも大切ですが、体のセルフケアも忘れてはいけません。フケや埃でせっかくのスーツもおしゃれも台無しにならないようにしましょう。

このページをシェア: