Workstyle

自宅でできる!スーツのアイロンがけのコツ

UNISEX

# アイロン , # お手入れ , # シワ , # スーツ , # スラックス ,

ピシッとしたスーツを隙なく着こなしている人は、それだけでグッと好印象に。スーツの着こなし方や扱い方で、その人柄までをも映し出しそうなほど、ビジネスパーソンにとってスーツのお手入れはきちんとしておきたいものです。
そこで今回は自宅でもできるスーツのアイロンがけのコツをご紹介します。

スーツにアイロンをかける前に知っておきたい3つの準備

まずはスーツにアイロンをかける前に知っておきたい準備がいくつかあります。この一手間だけで仕上がりがぐんと変わってくるので、アイロンがけの前に学んでおきましょう。

①スチーマーを利用する
スーツをピシッと仕上げるためには、シワ対策と臭い対策が必須です。この二つの対策を同時にできるのが、スチーマー。適度な水分を含ませることで、シワと臭いを取り除きます。
衣類スチーマーがあればベストですが、なければスチーム機能付きのアイロン、もしくは霧吹きを利用しても良いでしょう。

②当て布をする
絶対に忘れてはならないのが、「当て布」です。スーツにアイロンを直接当てると生地を傷めてしまう原因になります。また、スーツの素材によっては、アイロンをかけるとテカリが出てしまうこともあるのですが、当て布をすればテカリ防止にもなります。当て布に使用する布は通気性の良い綿素材などがおすすめです。

③温度設定に気をつける
アイロンの温度設定も重要です。素材によって適切な温度が変わるので、スーツに縫い付けられている洗濯表示を確認して、アイロンの温度設定の調節をしてください。
目安としては、綿や麻の生地は180~200度の高温、ウール生地は140~160度の中温、ナイロンやポリエステルなどの化繊素材であれば110~130度の低温が目安です。この温度設定によっても、仕上がり方が違ってくるので気をつけましょう。


shutterstock.com

ピシッと仕上げたい!ジャケットのアイロンがけの順番とコツ

ジャケットをピシッと仕上げるためには、アイロンをかける順番も大切。そして、かけ方のコツもお伝えします。

STEP1:肩から袖
まずはじめに肩から袖にかけて優しくなでるようにアイロンをかけていきましょう。
コツは、アイロン台にジャケットを着せるように置くこと。こうすることでシワを防げます。

STEP2:前見頃
左右片面ずつ前身頃をアイロンがけしていきます。
コツは、ラペル部分と内側の胸ポケットのボタン部分。この2つの箇所は強くかけずに優しく少し触れる程度にアイロンをかけていきましょう。

STEP3:襟
襟を裏返して、芯地を引っ張りながらシワを伸ばし、裏側からアイロンをかけていきます。
コツはアイロンをかけ終えたら温かいうちに表側の形を整えること。こうすることで形崩れを防ぎます。

STEP4:後見頃
後見頃はアイロン台を背中に見立ててジャケットを着せるようにしてかけていきます。
コツは背中の中央から外に向かってプレスすること。シワをしっかり伸ばせます。

裾までしっかり手を抜かない。スラックス(パンツ)のアイロンがけの順番とコツ

STEP1:腰まわり
スラックスは、まずは腰回りからアイロンをかけます。
コツは、アイロン台にスラックスを履かせるようにして片方ずつかけていくこと。こうすることで、スラックスの前面と後面を同時にかけてシワになるのを防ぎます。

STEP2:膝
膝の部分を片方ずつアイロン台に載せてアイロンをかけていくのですが、センターラインがある場合はそれに合わせてアイロンをかけ、折り目が曖昧な場合は、縫い目を揃えてアイロンをかけていきましょう。

STEP3:裾
裾は内側から丁寧にアイロンがけを行いましょう。
裾まできちんと手入れが行き届いていると印象が大きく変わります。

袖から裾まで手を抜かない手入れを

シワも折り目もなくきれいなスーツを着ていると、それだけで好印象ですよね。服は楽しむものでもあり、相手への礼儀をも示すもの。出会う人に敬意を持って円滑に仕事が進むよう、日頃から見えないところでの手入れの時間も丁寧な姿勢を心がけましょう。

スーツのメンテナンス術はこちらの記事もCHECK!
▶︎スラックスのセンタープレスを維持&復活させる専門術


shutterstock.com


▶▶シワになりにくいスーツ選びならこちら

おすすめのスーツコーデをP.S.FAスタッフがセレクト!
着こなし術も合わせてCheck!

このページをシェア: