Workstyle

覚えておきたい!いざという時の部分汚れの落とし方

UNISEX

# お手入れ , # シミ , # シャツ , # ブラウス , # ワイシャツ , # 汚れ ,

思わぬアクシデントで、シャツやスーツを汚してしまうことはありませんか?普段どんなに気をつけていても、避けられないアクシデントはあるものです。そんな時でも慌てないよう、汚れ落としの応急処置方法をご紹介します。

汚れ落としの応急処置は迅速に

思わぬところで汚してしまうのは避けられないことなので、大切なことは少しでも早く応急処置をしておくこと。 タイミングを逃すと、簡単に落とせるはずだった汚れも定着してしまい、落としにくくなってしまうことがあるのです。

汚れの種類に応じた応急処置のコツ

汚れは大きく分けて水溶性・油溶性・不溶性に分けられます。それぞれの汚れに応じた対処法をご紹介します。

【水溶性の汚れ】
水溶性の汚れは主にジュースやコーヒー、ワインなどがあげられます。これらをこぼしてしまったら、すぐ生地の裏側にティッシュペーパーを敷いて、水で湿らせたハンカチを固く絞り、汚れの上からポンポンと叩き洗いしてティッシュペーパーに汚れを移すことで応急処置します。

帰宅後は、なるべく早く汚れた箇所の裏側に乾いたタオルを敷き、湿らせて固く絞った別のタオルでさらに叩き洗いをしましょう。さらに、汚れの種類がジュースやコーヒー、しょうゆなどの場合は上記のあと、アルコールやキッチン用の中性洗剤で、ケチャップの場合はキッチン用の中性洗剤や酢を塗布して、別の綺麗なタオルや歯ブラシを使って叩き洗いしても効果的です。

【油溶性の汚れ】
マヨネーズや口紅などの汚れは油溶性で、水溶性の汚れよりもさらに早い応急処置が必要です。まずはすぐにハンカチやティッシュペーパーなどで固体を取り除きます。そのあと汚れた箇所に石けんを少量つけてなじませます。汚れの裏側にハンカチを当てて、湿らせて固く絞ったティッシュペーパーで押さえましょう。その後、乾いたティッシュペーパーで水気や石けんを取り除きます。

帰宅後は、固く絞った湿りタオルで叩き洗いします。口紅ならキッチン用の中性洗剤を塗布してからの叩き洗いがおすすめです。

【不溶性の汚れ】
泥や血液は、水にも油にも溶けない不溶性の汚れ。泥がついたらすぐに洗剤をつけて軽くもみ洗い、血液がついたら汚れの裏側にティッシュペーパーを敷いて、洗剤をつけたタオルで叩き洗いをしましょう。

帰宅後は、泥汚れの場合はタオルや歯ブラシに洗剤をつけて叩き洗いを。血液汚れの場合は、色落ちする恐れがあるので、一度目立たないところで試してから、漂白剤を薄めた液につけ置きしてみてください。


shutterstock.com

頑固な汚れはクリーニングへ

上記の方法でも落ちない汚れは、汚れが生地に定着してしまう前に早めにクリーニング店に出してしまいましょう。早めに正しく応急処置できると、汚れも目立たなくなり長持ちします。

このページをシェア: