Carestyle

冷え性改善や脳の活性化に!手指体操でリフレッシュ

UNISEX

# リフレッシュ , # 冷え性 , # 手指体操 , # 疲れ , # 脳の活性化 ,

手や指には全身の臓器、器官などにつながるさまざまな神経が通っています。特に脳内には指先の動きを感じる領域がとても広く存在しているため、手や指を刺激することは脳の活性化にも役立ちます。 そこで今回は、いつでもできる簡単な手指体操をご紹介します。

手指体操で仕事も捗る!?

手は多くの毛細血管が張り巡らされており、手先の冷えが全身の冷えにも比例するほど。手には脳に伝わる多くの神経が集まっていることから、赤ちゃんの発達促進や認知症の予防、集中力や記憶力の向上にもつながります。
早速、仕事の効率も上がる手指体操のやり方をご紹介します。

いつでもどこでも気軽にできる手指体操10

①両手をグーパーと素早く握ったり広げたりして末端を温める。
②片方の手でもう片方の指を握り、手の甲に向かって反らせ、指の付け根を伸ばす。
③両手の親指から小指に向かって順に指を折り曲げ、小指まで折り曲げたら今度は小指から親指に向かって順に手を広げる。
④一人じゃんけんをする。片方の手が勝つように何度も繰り返す。
⑤両手の指先同士をつけて、4本の指同士をつけたまま親指から順にくるくる回す。
⑥右手の親指を先に折り曲げておき、右手は人さし指を、左手は親指を同時に折り曲げて、一本ずつずらして折り曲げていく。
⑦右手は親指から、左手は小指から順番に折り曲げていき、5本折り曲げたら今度は開いていく。
⑧輪ゴムを親指と人さし指にかけて、親指から小指へ向けて輪ゴムを移動させて、今度は逆に小指から親指に戻していく。
⑨左右の動きが一緒にならないようにランダムに指を動かす。
⑩両手で同時に文字を書いたり、鏡文字で1〜10の数字を同時に書く。焦らずにひとつひとつの動きを確認しながら書くことがポイント。

ゲーム感覚でも楽しんで脳を活性化させよう!

脳も筋肉同様に、使わないと衰えていきます。手指体操は準備することもなくいつでもどこでもできるので、仕事の合間や友達とゲームをするように体操しても楽しいですよ。


shutterstock.com

このページをシェア: