Workstyle

楽ちんでおしゃれ。テレワーク中に着るべき【テレウェア】がわかるコーディネート本!

MAN

# コーディネート , # スーツ , # テレウェア , # テレワーク , # 着こなし ,

新型コロナウィルスの感染拡大により、在宅勤務(テレワーク)が一挙に普及しました。それに伴い、ビジネスパーソンは「自宅で何を着て働けばいいの?」と頭を悩ますことも……。このような悩みを解決すべく、ビジネスウェアのプロであるはるやま商事(株)の代表取締役、治山正史氏が毎日楽しく、快適に働けるテレワーク向けの服装(テレウェア)を提案した書籍、『テレワークのためのビジネスコーディネートBOOK  きちんと楽ちん「テレウェア」』(小学館)が発売されました。

テレウェアの基本は「きちん」と「楽ちん」

テレワークはオフィスワークのように、一日中、他人の目に晒されません。そこでテレウェアは、人から「きちん」と見えつつも、本人にとって「楽ちん」な素材の服を選ぶことが大切です。本書では、「きちんと」と「楽ちん」を基本原則とし、テレウェアに求められる条件を下記の4つとしています。

スイッチウェア:仕事モードに切り替えてくれる服装
マナーウェア:社会人として最低限のマナーを押さえた服装
イージーケア:洗濯機で洗えたり、メンテナンスが楽なアイテム
リラックス:業務効率を上げるため、着心地がよく、楽ちんさを追求した服装

この4つの条件を理解しておけば、毎日のテレウェアの悩みから解放されるでしょう。

50タイプのリアルコーディネートを一挙公開

テレウェアの条件を分かっていても、「具体的に何を着たらいい?」「テレウェアを購入したいけど、どのようなものを買ったらいい?」と悩む方も多いはず。そこで本書では、11のベストバイアイテムを紹介しています。さらには、WEB会議、WEB商談、在宅作業、カフェワークなど、テレワーク時代におけるビジネスシーンを細かく分けて、具体的な50コーデを写真付きで公開。すぐにマネできる実践コーディネート集です。

ファッションでビジネスパーソンを応援

リアルコミニケーションを図れないテレワークでは、ファッションが自分の印象をコントロールしたり、メッセージを伝えたりなど、重要な役割を果たしています。あなたがもしテレウェアで悩んだ時に手にとるバイブルとして、本書をクローゼットの近くに置いておきましょう。

Text:Noriko Yoneyama

 

このページをシェア:

一覧を見る