Carestyle

【体をゆるめるおうちストレッチ】テレワーク疲れ解消!首肩周りのゆるめ方

UNISEX

# オフィス , # ストレッチ , # テレワーク , # 早坂理恵 , # 肩こり , # 首こり ,

仕事中、作業に集中していると首や肩が凝ってしまうことが多いのではないでしょうか?特に運動量が減っている昨今、仕事の合間にも意識的に体を動かすことが大切です。
今回はヨガ講師の早坂理恵さんに、自宅やオフィスでも簡単にできる首肩周りのストレッチを教えてもらいます。

1.呼吸を意識したタオルのネックストレッチ

STEP1:フェイスタオルを背中に回し、肩甲骨にあてます。


STEP2:フェイスタオルの両端を掴んで左右に引っ張り、息を吐きながらゆっくりと首を右に振り、吸って吐いてを繰り返して5呼吸したら息を吐きながら正面に戻ります。反対側も同様に。
腕に力を入れて伸ばすことで、鎖骨周りのストレッチができます。

STEP3:フェイスタオルを後頭部にあてて、両端を持ち、ゆっくりと下に引っ張り息を吐きながら首を前に倒します。

2.弛緩を意識したネックストレッチ

STEP1:息を吸いながら、肩甲骨を寄せて肩をぐーっと耳に近づけます。

STEP2:息を吐きながら肩を床に近づけるイメージでゆっくりと下ろします。
続けて5回ほど行います。収縮と弛緩を繰り返すことで、肩周りの血流をアップさせます。
肩先や腕の付け根だけを動かすと、逆に肩こりの原因になることも。肩甲骨から大きく動かし、背中の筋肉を使うことを意識しましょう。

顔のストレッチもおすすめ

首肩が凝っているということは、繋がっている頭や顔のコリも起こりがちです。
そんな時におすすめなのが顔のストレッチ。顔全体に力を入れてギュッとすぼめた後に口や目を大きく開いて動かすことで顔の血流も良くなります。
運動のついでやお風呂でのリラックスタイムで、ぜひ行ってみてください。

早坂理恵

女優、インド政府公認ヨガ講師、体質改善デトックスコーチ。「心と身体の真の健康の獲得」をテーマに、食・美容健康に関する資格を多数取得。メディア記事の監修や執筆などを行う。
健康栄養食学の講師として、体質改善・デトックス・予防医学などをキーワードに美容と健康のための栄養食学を発信している。

Photo:Tetsuhito Ishihara    Edit:Maiko Mizusawa

このページをシェア: