Workstyle

スーツにも合わせたい!スニーカーコーデに注目

MAN

# オフィス , # オフィスカジュアル , # スーツ , # スニーカー , # ビジネス ,

スーツを着る際の靴選びはどうしていますか?昔から、ビジネスシーンでは革靴を合わせるのが主流でしたが、最近はスーツにスニーカーを合わせる人が増えてきました。実はスポーツ庁も、スニーカーをビジネスシーンに取り入れることを推奨しているのです。

スーツにスニーカーが勧められる理由

スポーツ庁は、スニーカーをビジネスシーンに取り入れることは、健康的であるだけでなく仕事を効率化することにつながるとして、スニーカーの着用を推奨しています。

スニーカーをスーツに取り入れるには、やはり機能面だけではなく、TPOをわきまえて、見た目も美しいスニーカーであることがポイント。スーツに革靴だけでなく、スニーカーが選択肢に加わると、一気にコーデの幅も広がりますが、派手なものだと悪目立ちしてしまい、かえって逆効果になる場合も。まずはモノトーンでシンプルなデザインから挑戦するのがおすすめです。

スニーカー通勤で気持ちも軽やかに♪

ビジネスシーンにスニーカーを取り入れるだけで、運動感覚で通勤時間の間に健康増進になるのもうれしいポイント。足元が軽くなるだけで、自然と気持ちも軽やかに。いつもの通勤路を一駅分歩いてみたり、ちょっと遠回りして運動不足を解消しよう!なんてこともしやすくなります。


shutterstock.com

1日の平均歩数を上げて健康的に

世界の主要都市を対象に、フランスのエレクトロニクスメーカーが1日の平均歩数を調査しました。その結果によると、ニューヨークは6,200歩、パリは6,129歩、ロンドンは6,106歩で、東京はさらにそれを下回り、5,703歩という結果に。日本でもスニーカー通勤が広まれば、運動量アップに繋がりそうです。

いつでも軽快に動き出せるスニーカーをビジネスシーンに取り入れて、健康も仕事効率もおしゃれも、さまざまな面で楽しめる日々を過ごしましょう。

こちらの記事もCHECK!
▶︎どこまでOK?オフィスカジュアルのコーディネート定義

このページをシェア: