Carestyle

ヨガ習慣でぐっすり快眠!寝る前におすすめのリラックスできる夜ヨガポーズ

UNISEX

# ヨガ , # ルーティーンヨガ , # 快眠 , # 睡眠 , # 福井佑希宏 , # 自律神経 ,

現代人は「睡眠負債」と言われるほど、眠りについて悩みを持つ方が多いと言われています。ぐっすり眠れないと寝起きも辛く、いつまでも疲れが取れません。だからこそ大事なのは夜のルーティーン。今回は深い眠りへと誘う夜のヨガポーズをご紹介します。

1:初心者さん向け【ウサギのポーズ】

STEP1:
正座になります。
腰骨・肩関節・耳が直線上にあることを意識して背筋を伸ばしましょう。

STEP2:
両手を頭の横につき、おでこを床につけます。

STEP3:
お尻を上げて、背中を丸めます。
このままの姿勢で5回呼吸を繰り返します。
頭のてっぺんが床についていることと、お尻が膝の上にあることを意識して行いましょう。

注意ポイント:
ウサギのポーズはお尻が膝より前にきてしまうと、首に負荷がかかってしまうので気をつけてください。また反対に、お尻が膝より後ろにあると背骨へのアプローチがなくなり、効果が感じにくくなるのでお尻の位置に意識をおいて行ってくださいね。

 

2:慣れてきたら挑戦!【すきのポーズ】

STEP1:
仰向けになり、脚を腰幅に開いた状態で膝を立てます。
かかとはお尻に寄せましょう。

STEP2:          
両脚を上にあげます。

STEP3:
腰を手で支えながらお尻をあげ、上にあげた脚を、そのまま頭の先に向かって倒します。
両手は腰に添え、上体を支えます。
この状態で5回呼吸を繰り返します。

カラダが硬い方は、無理につま先を床につけようとしなくても大丈夫です。
その場合は膝を緩めて、足の力を抜くようにしてポーズを取りましょう。

注意ポイント:
すきのポーズから体勢を元に戻す時は、勢いよく脚をおろさないよう注意してください。反動で腰に大きな負担をかけてしまうので足を戻す時は、ゆっくりと背中、お尻を床につけてから足をおろしましょう。

 

ヨガポーズで副交感神経を働かせ、入眠の準備をしよう

今回ご紹介した、「ウサギのポーズ」や「すきのポーズ」は背骨を丸めることで筋肉の緊張をゆるめ、副交感神経を優位に働かせる効果をもたらします。入眠前はカラダが芯からリラックスした状態であることが重要なので、ぜひヨガを活かして良い睡眠を習慣づけてくださいね。

福井先生のルーティーンヨガシリーズはこちらもCHECK!
▶︎夕方のつらいむくみや腰痛を解消!座ったままできるヨガポーズ


福井佑希宏(ふくい・ゆきひろ)

ホットヨガスタジオLAVAトップインストラクター。
初めてのヨガで、カラダだけでなく心もほっこり穏やかになったことが鮮明に記憶に残り、ヨガインストラクターになることを決意。「ヨガを通してカラダと心を健やかにする」をモットーに、多くの人にヨガの魅力を伝え続けている。解剖学・運動学の理論に基づいたヨガのポーズの誘導は多くのお客様から支持されている。

Model:Yukihiro Fukui
Photo:Tetsuhito Ishihara
Text:Yuko Sumi
Edit:Maiko Mizusawa

 

このページをシェア: