Lifestyle

【編集部厳選アイテム】貼るアロマとマルチバームでマスク生活のストレス&肌荒れを解消!

UNISEX

# GOODSTYLEセレクション , # ストレス対策 , # セルフケア , # マスク , # リラックス , # 肌ケア , # 肌荒れ ,

感染症対策のため、もはや顔の一部になりつつあるマスク。風邪予防や花粉予防、紫外線対策などにも有効ではありますが、つけ心地や息苦しさにいまだ慣れない人も多いのではないでしょうか?さらに肌に触れた部分が荒れてしまったり、耳元が痛くなってしまったりとストレスが募ることも。そんなマスク生活をより快適にすべく、編集部が厳選&愛用している2つのアイテムをご紹介します!

マスクをしながらリラックスできる貼るアロマ『アロマゴコチ』

どこへ行くにもマスク必須!の今、とっても重宝しているのがこのシールタイプのアロマ『アロマゴコチ』です。

アロマゴコチ・18枚入り 各880円(税込)/タカミツ

天然精油100%を贅沢にブレンドし、シールにぎゅっと閉じ込めた貼るタイプのアロマシート。アロマというとディフューザーや精油が必要だったりとなかなかハードル高く感じることも多いですが、こちらは好きな場所にパッと貼るだけで簡単にアロマ体験ができる便利なアイテムなんです。

香りのラインナップは、
・瑞々しいシトラスの香り
・芳醇なローズの香り
・華やかなミントの香り
・澄みわたる森の香り
・深みあるラベンダーの香り
と、全部で5種類。
表面には肌あたりの柔らかな不織布が使用されており、可愛らしい6種類のデザイン。シール面はくっつきやすく剥がしやすいのもうれしいポイントです。

香りは脳にダイレクトに働きかける効果があるので、香りを感じることで自律神経によい作用をもたらすことが期待できるのだそう。リラックスしたい時もリフレッシュしたい時も、自分にとって心地よいと感じる香りを選ぶのがおすすめです。

筆者のいち押しは爽やかなシトラスの香り。スイートオレンジ、フランキンセンス、グレープフルーツホワイト、ベルガモットがブレンドされています。外出時にマスクの内側に貼るだけで、マスク特有の息苦しさが和らぎ、一気に快適に!

手帳や名刺ケースなどの身近なお仕事アイテムに貼るのもよし、ハンカチや枕カバーに貼れば即リラックスできるアイテムに。眠る前にはラベンダー、シャキッと気合を入れたい時にはミントなど、気分に合わせて使い分けるのも楽しいです。

マルチに活躍する保湿クリーム『ごちそうバーム』

日々マスクをしていると頬や唇の乾燥も気になりますよね。マスクの紐で耳の上が痛痒くなってしまうのもよくある悩み……。頻繁な手洗いとアルコール消毒による手指の乾燥にも困っていました。そんなお悩みの全てに活用できる保湿クリーム『ごちそうバーム』を発見!

nene ごちそうバーム・28g:4,378円、4g:880円(いずれも税込)/ディーエーピーネットワーク

この保湿クリームは顔、唇、手、爪、ボディ、髪など乾燥の気になるあらゆるに部分に使用できるマルチプレイヤー。筆者は前述の通りマスクの紐で痒くなりがちな耳元や、乾燥が気になる頬や手元を中心に使用しています。

テクスチャーはこんな感じ。指先に伸ばせば爪もツヤツヤに!今回は多めに手に取りましたが、実際はとても柔らかいクリームで、少量でもよく伸びます。
手に残った分は髪の毛につけるのもおすすめ。髪は意外と乾燥しがちなので、手ぐしを通すように少しつけるだけでも収まりが良くなりますよ。ヘアワックスによるべたつきが苦手な方やいちいち手を洗うのが面倒という方も、これなら全身に伸ばせるのでストレスなく使用できそうです。

もともと赤ちゃんにも安心して使用できるケア商品を作りたいという思いから開発されたこちらのアイテム。日本国内の工場で生産しており、日本人にも馴染みのあるお米、ナタネ油、ポンカンなどから抽出した植物由来成分のみを使用。合成香料・合成着色料・合成保存料・合成防腐剤・シリコン・鉱物油・パラベン・アルコール・紫外線吸収剤・石油系界面活性剤の10種の化合物は一切使用されていません。さらにアレルギーテスト済みなのも安心のポイント。

小さめサイズは4gで、ポーチに入れて持ち運ぶのにも便利。自宅やデスクに置いてたっぷり使いたい方には28gの大きめサイズがおすすめです。

お気に入りのケアグッズで快適なマスク生活を!

まだしばらく続きそうなマスク生活。せっかくだからお気に入りのグッズでリラックス&肌ケアをし、マスクと上手に付き合っていきたいものです。編集部おすすめのアイテム、ぜひ試してみてくださいね。

今回ご紹介した製品をこちらからまとめてCHECK!

マスク生活を快適にするセルフケアはこちらの記事も!
▶︎マスクでも崩れないメイクのポイント&メイクキープ術
▶︎たるんだフェイスラインのリフトアップ術

Text・Edit:Maiko Mizusawa

このページをシェア:

一覧を見る