Carestyle

この冬は体調管理100%ヘ!毎日できる、風邪予防のための7つの簡単ルーティーン

UNISEX

# ウイルス , # セルフケア , # マスク , # 体調管理 , # 美容家馬場さおり , # 風邪 , # 風邪予防 ,

今年も到来した、風邪のシーズン。ちょっと気が緩むと、喉がイガイガ…咳がコンコン…鼻水がズルズル…。特に今年は風邪やインフルエンザに加え、感染症の脅威もあるからこそ、体調管理を徹底したいところ。うがいと手洗いは風邪予防の大前提として取り入れ、+αで実践したい7つの習慣をご紹介します。

毎日実践!7つのルーティーンで鉄壁風邪対策

【1】どこに行くにも、マスク!マスク!マスク!
のどが乾燥すると、体内にウイルスが侵入しやすくなり、風邪のリスクが高まるもの。だからこそ外出時だけでなく、家の中にいても睡眠中でも、マスクを常に身につけておきたいところ。そして人混みに行くときは、顔にピタッとフィットして隙間をつくらせないマスクを選ぶのが大切です。

ただし、睡眠中はジャストフィットサイズのマスクだと、耳が痛くなったり、群れて息苦しかったりと、睡眠の質を下げかねません。そこで活用したいのが、大きめサイズの不織布マスク

アコーディオン部分を大きく広げて、顔をスポッと隠すように使用すると、肌摩擦が起きにくくなります。ゴムで耳が痛くなってしまう人は、着用前にゴムの部分をグイッと伸ばしておくのがポイントです。

【2】口呼吸してしまう人は「マウスピース」が効果的
朝起きたとき、のどが乾燥していることが多い人は、睡眠中口呼吸をしている証拠。口呼吸はのどの乾燥やウイルス感染リスクを高めるので、鼻呼吸にシフトチェンジを! とはいえ、寝ている間の自分をコントロールするなんて至難の業過ぎるもの…そこで活用したいのが、マウスピース。

歯ぎしり予防のゴム製のマウスピースを口にはめて寝れば口が塞がれるため、実質的に口呼吸ができない状態に。また、口元にシワが寄りにくくなるので、ほうれい線対策としても効果テキメンです!

【3】抗菌成分「カテキン」で自分強化!緑茶習慣
緑茶に入っているカテキンには、抗菌作用や抗ウイルス作用があると言われています。ちょっと一息つくときや、食事や3時のお菓子のお供に緑茶を選んで、風邪予防パワーを高めましょう。ちなみに緑茶でうがいすると水よりもウイルス対策に効果的、という研究も!

【4】体温を高く保つことが大事!冷え症なら「生姜」を常備
体温が1℃下がると免疫力は30%低下するため、風邪予防に冷え対策はマスト。体を温める食材は沢山あるけれど、毎日お手軽に取り入れるのなら、生姜チューブが大活躍します。

生姜には体を温めて発汗させる作用だけでなく、咳や吐き気などを鎮める作用も期待できるので、風邪予防食材として超優秀。紅茶や味噌汁に入れたり、薬味使いしたりと、日々の食事に取り入れましょう。


【5】湿度低下は風邪を呼ぶ!加湿器はフル稼働がマスト
低湿度が大好きな冬風邪ウイルスだからこそ、加湿器で部屋の湿度を上げて退治しましょう。ちなみに冬風邪ウイルスは、湿度60%の環境だとその生存率は約20%まで下がると言われています。

常に加湿器をフル稼働させて、部屋の中を快適な風邪対策空間にすることがポイントです!


【6】体調管理の仕上げは「ビタミンA」と「ビタミンC」
風邪予防で積極的に摂取したいのが、粘膜を丈夫にする働きがあるビタミンAと、免疫力を高める働きがあるビタミンC。ビタミンAはレバーや卵、チーズ、サーモンなど、ビタミンCはブロッコリーやパプリカ、キウイなどに含まれていますが、毎日食材で摂り続けるのは大変なので、おすすめはサプリメントからの摂取です


【7】鼻の中のウイルスを超撃退!鼻うがい習慣
「のどに違和感が…」「風邪を引きそう」そんなピンチのときに実践したいのが、鼻から洗浄液を吸って、口から出す鼻うがいです。慣れるまでは鼻の奥にツンとした刺激を感じることがありますが、風邪予防には効果テキメン。また、鼻うがいには水ではなく生理食塩水を使用します。しかし、作る手間が面倒なので、鼻うがい用の専用洗浄液をドラッグストアでGETするのがおすすめです。


徹底的に体調管理に取り組みたいのなら、7つ全部の習慣を身につけて損はなし。ただしこれらの習慣に頼りっきりにならず、栄養バランスの良い食生活、十分な睡眠時間など、正しい生活習慣を送ることもお忘れなく。

馬場さんのセルフケア術はこちらの記事もCHECK!
▶︎暴走する食欲をセーブする超対策法&暴食をリセットするマル秘解消術
▶︎エステ級の乾燥対策が叶う4つの超保湿スキンケア法
▶︎だるさ、頭痛、めまい……季節の変わり目は『気象病』に要注意!不調の予防&撃退方法

馬場さおり

予防医学の知識を活かし、健康と美容分野において執筆、女性誌やWEBなどメディアへ出演多数。法人向け美容セミナー「正しい洗顔」「素肌がキレイに見えるベースメイク」では20代〜70代まで幅広い世代に反響を得ている。

このページをシェア: